Profile

井上 昇 Noboru Inoue

  • 1944年 福岡生まれ。
  • 武蔵野美術大学、(株)岡村製作所開発部を経て米国・ミシガン州Cranbrook Academy of Arts(大学院・修士)卒。イトーキ・サクラルチェア(1998年「発明賞」社団法人・発明協会)、アペーラチェア(2000年)天童木工の椅子他、椅子のデザインの多数。総数で400万台をこえる実績を持つ。
    企業、大学での講師、業界紙への執筆など。社会人教育事業としての「椅子塾」開校
  • 1999年~2011年:南青山にて274人が修了。
  • 2012年~:Azabu ISUJUKU スタート。
  • 2000年度JID賞「ライフワークとしての椅子デザイン」で業績賞受賞。
  • 2006年度JID賞「井上昇の椅子塾」で2度目の業績賞受賞。
    日本インテリアデザイナー協会会員。日本インテリア学会会員(評議員)。
  • 2005年 腰の椅子「AWAZA」販売スタート。
    著書:『椅子ー人間工学・製図・意匠登録まで』(建築資料研究社)。

「AWAZA」Chair  History「腰にやさしい日本の椅子」

上質な日本の椅子をめざして、妥協することなく椅子デザイナーみずからが、デザインし、販売する。
日本ではほとんどありません。あえて、そうする理由があります。日本人に多い胴長短足の体型にあった椅子がない毎日仕事などで8時間以上座る人のため上質な椅子がないのです。
日本人の胴長の体型に合った腰に優しい椅子が必要なのです。

設計開発には座りの人間工学が基になっています。もちろん日本製です。日本人のための日本の暮らしを支える椅子を届けたい。椅子とはこんなにもすばらしいもの、ということを伝えたい、良い椅子、自分に合っている椅子に座ることで健康を取り戻せる、健康な人は健康を維持できるそれが
AWAZA (アワザ)腰の椅子です。座って頂ければ、すぐ違いが おわかりいただけます。
良い椅子と出会う意味=健康

株式会社いのうえアソシエーツはオフィスからホームまで椅子の開発に実績があります。
生産台数は400万台を超えました。

株式会社いのうえアソシエーツは
•椅子のデザイン「新製品開発:オフィス:ホーム」
•椅子の販売「isujuku.com shop」
•椅子の教育「椅子塾」「企業研修」
•椅子の本「椅子」の出版  
椅子をとうして日本の座りの文化に貢献いたします。